中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「自信」がなくても聞いてしまう

 聞きたいことやお願いしたいことがあっても、「もしかして間違っているんじゃないか」「たぶん、NOって言われちゃうかなあ」という不安な気持ちがあったら、ちょっとひるんでしまうもの。しかし、そこで口をつぐんでいたら、話は展開していきません。

 そこで、そんなときは、「by any chance」(もしかして/もしよかったら)を使ってみてください。「もしかして」「ひょっとして」「もしできれば」といったニュアンスをうまく出すことができます。

「by any chance」は文頭だけでなく「Are you, by any chance, Cornell Edwards?」(あなた、もしかして、コーネル・エドワーズさんでは?)とか、「Do you speak Swahili by any chance?」(あなた、スワヒリ語をしゃべれたりします、ひょっとして?)のように、文中や文末につけることもできます。

こんなふうに使ってみよう

Would 10 am be alright for you?
(10時で大丈夫ですか?)
By any chance, can we change the meeting time to 11 am?
(もしかして、待ち合わせは11時に変えてもらったりできますか?)

You seem to be pretty busy this week.
(今週はかなり忙しそうですね)
By any chance, do you mind lending me a hand?
(もしかして、ちょっと手伝っていただくことはできませんか?)

I will let David know you called.
(あなたから電話があったことを、デイビッドに伝えておきますね)
By any chance, can you have him call me back by this evening?
(よろしければ、今日の夜までに、彼から私に電話してもらうようお願いできますか?)

Would you be able to have a lunch meeting this week?
(今週、ランチミーティングをしていただけますか?)
By any chance, can we push it to next week?
(もし可能なら、来週にしてもらえますか?)

Are you ready to have a meeting?
(会議の準備はいいですか?)
By any chance, do you think you can wait for another 30 minutes?
(ご迷惑でなければ、あと30 分待ってもらうことはできますか?)

I will work on this first thing tomorrow morning.
(明日の朝イチからとりかかります)
By any chance, can you get it done today?
(もしできれば、今日やってもらえませんか?)

正解:By any chance

ポイント:このひと言をはさむだけで、いろんなことが聞きやすくなる

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』の内容を編集して掲載しています)