安全基準は
業界が決めた自主規制

 香料について政府・業界は「国際的な基準に基づいて安全性を確認済み」としている。

 具体的には、香粧品香料原料安全性研究所(RIFM=リフム)の評価に基づいて国際香粧品香料協会(IFRA=イフラ)が基準を定め、それを満たした物質を販売しているという。

 しかし、IFRAもRIFMも世界の香料企業が設立した組織だ。香料の安全基準は業界が決めた自主規制にすぎない。

 アメリカの環境NGO「地球のための女性の声Women’s Voice for the Earth」によれば、この基準には問題が多い。たとえば、RIFMがどんな試験をし、IFRAの委員会がどんな審議をして基準を定めたかなどは公表されていない。

 そこでこのNGOは、RIFMが公表した約3000の香料物質をチェックした。その際にモノサシとして使ったのは「GHS」分類である。

 GHSは化学物質の有害性などの程度をランクづけし、文字と9種類のシンボルマークで表示する国際制度だ(注2)。

 その結果、1175物質は低い急性毒性がある「警告」のランク、190物質はそれより急性毒性が強い「危険」のランクだった。急性毒性が特に強く「ドクロ」のマークをつける必要がある物質が44、呼吸器感作性・発がん性・生殖毒性などが強いことを示すマークをつける物質が97もあった(同NGOのサイトによる)。

注2:GHSは「化学品の分類および表示に関する世界調和システム」の英語の頭文字。国連が加盟国に2008年までに制度化するよう勧告し、日本は09年に導入した。日本では化学品を売買するときつける「安全性データシート」に記載されるほか、一部の消費者製品に表示されている。
 
 国内では、在野の研究者・渡部和男氏が香料の安全性に関する膨大な数の論文を読み、「香料の健康影響」にまとめ、サイトに掲載している。

 それによると、香料の成分には、

▽アレルゲン(アレルギーの原因物質)になるもの
▽ぜんそくを誘発・悪化させるもの
▽ホルモンかく乱作用(環境ホルモン作用)を持つもの
▽発がん性を持つもの

 などがある。

 また「合成ムスク類」に分類される香料成分は、分解しにくい性質のものが多く、人の血液や母乳から検出されている。妊娠中に香水をしばしば用いた母親の母乳からは高い濃度のガラクソライド(合成ムスクの一種)が、また香料入り洗濯洗剤を使っていた母親はトナライド(合成ムスクの一種)の濃度が高かったという研究が発表されている。