貿易が景気に与える影響は
数量を見るべし

 輸出入統計で景気を語る際には、輸出入数量を見るべきだ。ドル高で輸出数量が増えるなら、その分だけ輸出企業の生産が増えて雇用が増えていると思われるし、輸入数量が減っているならば、その分だけ輸入品を買わずに国産品を買った消費者が多かったはずだから、やはり国産品の生産が増えたと思われるからだ。

 貿易統計は円建ての統計であるため、円安になると輸出金額は自動的に大幅に増える。それを見て「円安で輸出が増えて景気が回復した」と考える人がいるとすれば、それは誤解だ。

連載の著者、塚崎公義氏の近著「一番わかりやすい日本経済入門」
連載の著者、塚崎公義氏の近著「一番わかりやすい日本経済入門」(河出書房新社)

 上記のとおり日本は輸出入がほぼ同額なので、ドル建て輸出入金額が一定だと、円建てで発表される「貿易統計」は輸出も輸入も大幅増となり、差額である貿易収支はあまり変化しないのが普通だ。つまり、輸出企業がドルが高く売れた分だけ輸入企業がドルを高く買わされているため、景気への影響は限定的なのだ。

 ドル建て輸出入金額を見るならば、ドル高により自動的に輸出入ともに増える分が隠れてしまうので、輸出入数量の変化に近い動きとなるが、例えば原油価格などに影響される。原油価格上昇で輸入が1ドル増えた場合と、製品輸入が1ドル分増えてその分の国内生産が減った場合では、後者の方が遥かに国内景気への影響は大きいので、やはり原油価格変動の影響を除いた数量を見る方が望ましいことには違いない。
 
(久留米大学商学部教授 塚崎公義)