また糖質の一種であるブドウ糖は、脳のエネルギー源でもありますので、不足すると脳がうまく働かなくなって体のさまざまな不調につながってしまいます。

 そして、野菜に多く含まれるビタミンやミネラルにはタンパク質を効率よく筋肉に変えたり、筋肉の増強・回復を促したりする働きがあるので、こちらも筋力アップには欠かせない栄養素です。

朝は時間がないから昼夜がっつり!だと
体に脂肪を蓄えやすい体になる

 皆さんは朝食を毎日召し上がっていますか?朝食はその日一日のパフォーマンスを左右する食事といっても過言ではありません。

 私たちの体には体内時計が備わっていて、朝食を食べたり、朝日を浴びたりすることで体内時計が調整されることが分かっています。筋肉をつくるためには、心身ともにベストな状態であることが大切です。

 また朝食を取ることで体温が上がりやすくなるので、摂取した栄養素がきちんと働くべきところに送られやすくなります。タンパク質の代謝も良くなって筋肉増量につながっていくというわけです。

 そして、夜にがっつり食べてしまうという方は注意が必要です。夕食の時間帯は脂肪の蓄積に関わっている「BMAL1」という体内のタンパク質の量が多くなるため、このタイミングでたくさん食べてしまうと脂肪として蓄えられやすくなります。

 特に21時以降はBMAL1の分泌が活発な時間ですので、夕食は軽めにし、タンパク源は脂肪の少ない豚肉(赤身)や鶏むね肉、ささみ、マグロ、カツオ、白身魚などを選ぶのがおすすめです。

筋肉をつけやすくするには?
野菜や魚介類、海藻類をプラスしよう

 前述したように、お肉ばかり、タンパク質ばかりでは理想的な体には近づけません。ビタミン、ミネラルが豊富な野菜や魚介類、海藻類も食事の中に取り入れていきましょう。