株式投資で言えば、本来、上がることを期待して買ったにもかかわらず、それが下がっている状態というのはとても気分が悪い。それに、下がったことによって自分の判断が間違っていたということを認めたくない。とはいえ、下がっているという事実を自分の力で変えることはできない。そこで「ここで買えばコストが下がるから安心だ」と自分を納得させて、ナンピン買いをしてしまうのだ。

ナンピン買いが
失敗してしまう理由

 ところが、往々にしてナンピン買いというのは失敗する。なぜか。その理由について考えてみよう。

 そもそも、株が下がったときの対応方法は三つしかない。(1)あきらめて損を覚悟で売ってしまう、(2)安く買える好機ととらえてナンピン買いをする、(3)しばらく様子を見るの三つだ。

 多くの人は前述した損失回避の心理から(1)の損切りはなかなかやらない。最も多いのは(3)の様子見で、その後さらに下がったら(2)のナンピン買いをするか、そのまま何もせずに塩漬けになってしまうことが多い。

 株式投資の大原則は、「安い時に買って高い時に売る」ことではなく、「割安な時に買って割高な時に売る」のが正しい。株価というものは常に適正な企業価値を表しているわけではなく、上下にブレるものだ。したがって、単に株価が下がっただけでは買い増しをする理由にはならない。その企業の業績が悪化して下落したのであれば、さらにそこから下がるかもしれないからだ。

 これが株式ではなく、通貨の場合ならなおさらだ。最近話題になっているトルコリラの下落というのは、為替相場の下落である。為替レートというものは、長期的にはそれぞれの通貨が持つ購買力に収れんしていくことは定説になっているが、短期的な動きは全く読めない。

 だとすれば、トルコリラが下がったとしても、そこで買い増すのはさらに博打の賭け金を増やしているようなものだ。博打と割り切ってやりたいのであれば「どうぞご自由に」ということだが、少なくとも資産運用の方法としてはあまりお勧めできない。