「〇〇ある世の中」は
ナインコードから生まれる

 人がケンカしたり争ったり、嫉妬してしまうのは、相手の役割や気質を考えずに、自分と同じ土俵で物事を考えてしまうことが大きな原因だと、私は考えます。

 一人ひとりが「ナインコード」を知って、相手の役割と気質さえ知ってしまえば、仕事に関しては割り切ってしまうこともできますし、友人知人・家族とのコミュニケーションであれば、より相手への理解が深まります。

 自分に持っていないところを持っていることもわかり、尊敬の念すら生まれるかもしれません。
「人」という文字が意味するように、補い、支え合うことができるようになります。

 考えてみれば、人間は誰だって争いやケンカはしたくありません。
 疲れますし、何かモヤモヤが心に残りますし、何をやっても楽しくありません。
 これでは、よき世界は創れないのです。
 人間関係に悩み、集中できないまま生みだされた中途半端なモノが積み重なった世界では、そこに“本当の価値”はないと言えましょう。
 モノを創るにも、サービスを創るにも、時代を創るにも、そこには人の感情が混じるものですから。

 だからこそ私は、一人ひとりが相手の気質を認め、相手の役割を知ることで「ケンカや争い」をなくし、多くの人が補い合い、支え合うことで生まれる、人間らしい思いやりにあふれる「未来ある世の中」を創造してほしいと、『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』を世に出す決意をしたのです。

 人は、一人でできることには限界があります。
 一人では、素晴らしき世の中は創れないのです。
 明治維新の志士たちは、仲間を認め、協力・共存共栄の精神があったからこそ、未来にとって有益で大きなことを成し遂げられたのでしょう。

「ナインコードを通じて、互いを認め合い、互いの魅力をミックスさせて発揮すること」

 これこそが、“未来ある世の中”を創るために、いま私たちに必要だと信じています。
 今回は、記念すべき100回目の連載ということで、読者の皆さまへのお礼と、私が9code(ナインコード)を伝えようとした理由をお話しさせていただきました。

 これからも、読者の皆様にとって有益な情報を惜しみなく発信していきますので、今後とも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

(PS.)
『9code(ナインコード)』を実践的に、核心まで深く学びませんか?」
『9code(ナインコード)研究会』では、無料でナインコードの日常での活用法を毎週提供しています。連載100回を記念して「実践的な事例」などもたっぷりお伝えします。ぜひお気軽にご登録ください。
【登録はこちら】1分で登録可能です。
http://www.gocoo.info/ninecodekenkyukai01/touroku/