【ソウル】米首都ワシントンのシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)による商業衛星写真の新たな分析によれば、北朝鮮は未申告の弾道ミサイル施設のネットワークを維持しているようだ。CSISが12日、報告書を公表した。  こうした報告は、米韓が緊張緩和に向けた野心的取り組みに着手した後も、北朝鮮が核・ミサイル能力を高めていることを示すさらなる証拠となる。  6月12日にはシンガポールで歴史的な米朝首脳会談が開催された。