上記は簡単な例ですが、重要なポイントがあります。グルーピングは算数で習った数字をくくる作業に似ています。

 たとえば、式で、

 AX+BX+CX+DX

 をでくくると、

 X(A+B+C+D)

 となります。

 先ほどのイヌ、ネコの例を式にすれば、

 哺乳類のイヌ+哺乳類のネコ+哺乳類のサル

 を共通項の哺乳類でくくると、

 哺乳類(イヌ+ネコ+サル)

 という形になります。このグルーピングの感覚を忘れないようにしていきましょう。

【INSTALL:ここを脳にインストール!】

 ■相手の頭の中に目次とファイルを作成してあげるイメージで
   ナンバリングとラベリングを行う

 ■グルーピングは算数で共通項をくくるようなイメージで行う