ジャズ漫画『BLUE GIANT』からはまるでジャズが聞こえてくるような体験ができるのが最大の魅力です(写真はイメージです) Photo:PIXTA

【おとなの漫画評vol.12】            
『BLUE GIANT』
全10巻 2013年~2017年
『BLUE GIANT SUPREME』
既刊6巻 2019年1月現在
石塚真一 小学館

漫画『岳』の著者が描く
ジャズ演奏家のサクセス・ストーリー

『岳』(全18巻、小学館、2003~2012年)が石塚真一のデビュー作だった。山岳救助のボランティアを主人公にした作品で、不定期連載を含めれば9年、本連載では7年間も「ビッグコミックオリジナル」で連載していた。

『岳』のあと、翌2013年から「ビッグコミック」で連載が始まり、2019年現在も続いている長編が『BLUE GIANT』とその続編の『BLUE GIANT SUPREME』だ。山岳物語とはがらりと変わり、テーマはジャズで身を立てる青年のサクセス・ストーリーである。

 物語が終わっていないのにどうしてサクセス・ストーリーだと言えるのかというと、単行本では各巻の巻末のおまけとして「後年の回顧談」が付いており、成功した大音楽家(主人公)の駆け出し時代を回想しているからである。

『BLUE GIANT』は仙台の高校生、宮本大(みやもと・だい)がテナーサックスでプロのジャズ演奏家を目指す物語である。最初から自己流でバリバリ、モリモリと土手、橋、公園で吹いている。絵を見ると大音量だ。橋で練習していたエピソードのあるアメリカのテナーサックスの巨人(Giant)、ソニー・ロリンズ(1930~)の音が頭の中に出てくる。

 宮本少年は1人で東京へ出て、1人で激しく禁欲的に練習している。非常に有能なピアノ弾きの少年、初心者のドラムスの少年と出会い、トリオを組む。この若いピアニストが事故で出演できなくなったライブでは、なんとテナーとドラムスだけで演奏した。