スポーツ推薦入試とは、小野氏によれば「主に大学入試においては高校時の競技歴を評価して選抜する入試制度」。小論文や面接などを通して学力や人物に対する評価がなされるが、「競技歴」が重要な評価項目となっている点が特色と言える(一部の大学では実技試験も実施)。国内では3割を超える大学でスポーツ推薦入試が採用され、加えてスポーツ推薦入試を名乗らずとも、それに類する入試制度も多くの大学で実施されているという。

 スポーツ推薦入試の課題として真っ先に挙がるのが、「学業への不適応」だ。つまり、大学に入ってから勉強についていけない事態がしばしば生じるのだ。

「学業への不適応という問題は、先進事例であるアメリカでも歴史的に繰り返し起きている」と小野氏が話すとおり、競技歴が重視される入試制度である以上、避けがたい面はある。だが、少なくとも日本の大学入試において、それを防ぐ十分な対策が施されているとは言いがたい。

 箱根駅伝や野球、ラグビーなどに代表されるように、大学スポーツは一定の人気を維持しており、主要な大会で好成績を収めればメディアの露出、ひいては大学の知名度向上、イメージアップにつながる。運動部にいわば広告塔としての役割を期待するがゆえ、実態として評価が競技歴に偏重した入試となっている可能性は否めない。

スポーツ推薦入試を待ち受ける落とし穴

 小野氏は言う。

「スポーツが、特に私立大学にとっての重要な経営資源であるという現実がある。4年できちんと卒業できない学生が少なくないのも事実。やはりそこは、大学当局に責任があると思います。スポーツ推薦入学者を対象とした学修プログラムを整備している大学もありますが、まだまだ数は多くありません。」

 一口にスポーツ推薦入試と言っても、その形態は大学によってさまざまだ。早稲田大学のように、スポーツ科学部という「学部」が独立してスポーツ推薦入試を実施している大学もあれば、大学全体で一括して実施しているケースもある。