有名女優のプライベート写真の覗き見は
iCloudやFacebook の不正ログインだった

 スマホ乗っ取りはiPhoneも無縁ではない。Apple IDが乗っ取られると、iCloud内にある端末の紛失や盗難対策で使う、「iPhoneを探す」という機能を悪用される恐れがある。iCloudはApple IDを通じて利用できるため、プライベート写真が見られてしまったり、端末を遠隔ロックされてしまったり、遠隔操作で初期化されたりといった恐れがあるのだ。

 中には先方から、「解除してほしいなら、金銭を支払え」と要求してきたり、クレジットカードの情報があれば、使われたりすることもある。

 iCloudに不正アクセスされたケースとしては、ハリウッドセレブや日本の芸能人のプライベート写真が流出したり、盗み見られた事件が複数起きたことだろう。

 中でも2016年、長崎県の男がiCloudやFacebookに不正ログインし、長澤まさみさんや武井咲さんなどの有名女性芸能人のプライベート写真などをのぞき見して逮捕されたニュース報道に驚いた方も少なくないだろう。容疑者は、公開されている誕生日などからパスワードを類推したとされる。

 パスワードはオリジナルなものにして、セキュリティの質問は絶対に公開しないこと。また、二段階認証(Appleの場合は2ファクター認証という)を有効にしておく(「設定」→「ユーザー名」→「パスワードとセキュリティ」→「2ファクター認証を有効にする」)ことで、セキュリティは高まるだろう。

※確認する時、表示によっては「2ファクター認証」がオンとなっている

いまだ続くLINE乗っ取り…
対策はどうすればいいか?

LINEやSNSからスマホ乗っ取りも!個人情報を狙う悪質手口昨年もらったFacebookのメッセージ 画像提供:高橋暁子

 スマホの乗っ取りは、SNSアカウントの乗っ取りから行われることもある。

 LINEやTwitterなどで「今、時間がありますか」といったメッセージをもらった経験がある人は多いだろう。

 これは過去の話ではない。実は私は昨年にも数回受け取っていた。LINEなどのSNS乗っ取りは現在も続いているのだ。

 LINEの乗っ取りの多くは、パスワードを使い回していたり、アカウントを乗っ取られた友人から送られた不審なURLや添付ファイルを開いたためにウイルスに感染してしまったり、SMSで送られてくる認証番号を教えてしまったりしたためである。