変化する契機が
見つからない

 さまざまな制度には、一度できあがってしまうとなかなか変化しないメカニズムが働く場合がある。終身雇用制も、その1つだ。仮に全ての企業が新卒一括採用・終身雇用制を採用しているとして、ある会社が「新卒一括採用は好かないから、今後は中途採用で即戦力を採用しよう」と考えても、その会社を受けに来る人はなかなかいないだろう。

 最近では転職も増加しているので、誰も採用できないということはないだろうが、受けに来る人が優秀であるとは限らない。むしろ、優秀な人は最初に入社した会社で大切にされ、将来を約束されているだろうから、転職しない可能性の方が高い。

 そうなると、そもそも飽きやすい人、我慢強くない人、最初の会社で人間関係を損なった人などが転職しようと受けに来る可能性が高いと考えるべきだ。

 もちろん、転職希望者の中にも優秀な人は大勢いるはずだが、期待値としては新卒を採用した方が優秀な人が多いということはいえそうだ。

 そうであれば、わざわざ他社の社風に染まってしまっているかもしれない人を中途採用するよりも、色のついていない学生を新卒採用して自社の企業文化に染め上げていく方が、企業としては合理的だといえる。

 業種や職種によっては、優秀な人材のヘッドハンティングが行われる場合もあろう。例えば、すご腕為替ディーラーとして他社の為替ディーラーから恐れられている人であれば、他社からの引き抜きもあり得よう。しかし、会社の外からサラリーマンの優秀さを評価するのは、一般論としては容易ではない。

 したがって、仮に政府と経団連、そして労働界が「新卒一括採用は今後一斉にやめよう」という申し合わせでもすれば別だが、そうでない限りは基本的には新卒一括採用・終身雇用制は続いていくと思われる。もし、例外が少しずつ増えていったとしても、それが多数派になるとは考えにくいといえる。

(久留米大学商学部教授 塚崎公義)