1950年代のロケット科学者は、人類の宇宙進出第一章は差し迫っていると構想していた。半世紀に及ぶ紆余曲折の末、遂に軌道に乗ったかもしれない。