一方、外資系では、日本人同士でもアイコンタクトを取るのが当たり前なので、目を見ずに会話する人には違和感を覚えます。採用担当者に「英語でのコミュニケーションに慣れていない」と思われては不利なので、アイコンタクトに慣れていない方は、相手の目を見て会話する練習をして、面接に臨んでください。

 また、面接が英語でおこなわれる場合、相づちの回数は多すぎないように注意しましょう。日本語での会話における相づちは、「共感(=あなたの話を聞いています)」を意味しますが、英会話における相づちは、「同意(=あなたの話に賛成します)」を意味します。英会話に慣れている人が頻繁にうなずくことは、ほぼありません。面接中にうなずく回数が多いと、相手から「英語に慣れていない」と思われがちです。

 さらに、採用面接でここだけはどんな企業も見ている!という共通ポイントが1つあります。それは、「感じの悪い人は採用したくない」ということ。企業としては、能力やスキル、自立心などももちろん気になりますが、それ以前に、同じ職場の仲間として一緒に働ける人なのかを見ます。どれだけ能力が高くても、職場の雰囲気を悪くしそうな人、覇気がなく暗い感じを受ける人、会社に溶け込む意思がないと感じられるような人は、できれば採用したくないでしょう。面接本番は緊張してしまうかと思いますが、最初に名乗る際に1回でいいので笑顔が出せると、だいぶ印象が違うはずです。

面接官が日本人でも「英語」で面接をするワケ

 外資系企業の面接では、面接官が日本人であっても、英会話で採用面接をおこなうことがあります。これは、候補者の英語力を確認するのが目的です。

 とくに、海外の専門学校・短大を卒業した方や、ワーキングホリデー経験者の場合、最初は面接官が日本語で会話していたのに、唐突に英語に切り替わることもありえます。なぜかというと、大学・大学院への留学に比べると、専門学校・短大への留学は、入学時に求められる英語力が低くてもOKだからです。在学中に英語力向上の努力をするかどうかも、少し危うい傾向にあると採用担当者はわかっています。

 また、ワーキングホリデーの場合、現地で英語を使う機会がかぎられるので、真の英語力を面接で試される傾向があります。海外留学やワーキングホリデーそのものは素晴らしいのですが、実際に海外で何をしたかによって、本当に英語力の向上ができたか、その後も一定の英語力をキープできているかは大きく異なってきます。