安倍首相
写真:首相官邸HPより

貿易問題の背景に
「構造的対峙の構図」

 米国は5月13日、2000億ドル相当の中国からの輸入品への関税を10日に引き上げたのに続き、新たに3000億ドル相当の輸入品についても関税を25%に引き上げることを表明、その具体的品目を発表した。

 これに対し、中国も報復措置として、すでに関税を引き上げた米国からの輸入品600億ドル分について関税率を5~25%に引き上げることを表明した。

 ただ、米中の交渉は決裂したわけではなく継続されていく。

 実際に2000億ドルの中国産品に25%の関税が付加されるのは米国への貨物到着時であり、航空便で運ばれる貨物は別としてまだ2~3週間の猶予はある。中国の米国産品への課税も同じだ。

 また仮に賦課されても、合意ができた時点で関税の払い戻しといったこともあり得るのだろう。米中貿易戦争は再び拍車がかかった形だが、トランプ大統領も「取引(ディール)」を完結させる考えだろうし、いずれかの段階に貿易問題で米中の最終合意が図られる可能性は高い。

 しかし、これは米中問題が未来永劫に解決されたことを意味しない。