「あの、お宅の奥さんのことなんですが、何か怒っているんでしょうか。うちの前に生ごみを捨てたり、玄関の前に置いていた鉢植えを持っていったりすんですよ。私どもとしては、どうしてそんなことをされるのか、まるで心当たりがなくて、ご主人からちょっとお話ししていただけませんか」

人が変わってしまった妻に
戸惑いと恐怖を感じた

 淳司さんは驚き、恐縮した。生ごみも鉢植え泥棒も、仮に何かトラブルがあったとしても、やってはいけないことだ。平身低頭して謝り、鉢植えはすぐに返すことを約束した。

 とはいえ、千鶴子さんにも事情はあるのかもしれない。どう話を切り出そうか迷ったが思い切って聞いた。

「ね、最近、ご近所付き合いはどう」

「どうって、何」

「いや、テレビでよくさ、ご近所トラブルとかやってるじゃない。この辺はどうなのかなと思って」

「ああ、あれね。私もこの間、Aさんちの前に生ごみをまいてやったわ」

「え、どうして」

「うーん、私、あそこの奥さん嫌いなの。だってね、香水の匂いがきついのよ。道路のほうまで匂うから、具合悪くなっちゃうの。だから生ごみをまいてやったの。おあいこでしょ。こらしめてやったの」

「おあいこって、そんなことで生ごみまくなんて、お前どうかしてるよ。じゃあ、鉢植えは」

「ああ、あれね。きれいだったから、ちょっと借りただけ。もう花もなくなっちゃったからいらないわ。返していいわよ」

「えーーーー、なんで。借りただけって、それ、窃盗だろ」

「違うわよ。ちゃんと、『お借りしまーす』って声かけたわよ。でもあなた、どうしてそんなこと知ってるの。やだ、あの奥さん、告げ口したの。嫌らしい。なんであなた、自分の妻じゃなく、あの人の肩を持つのよ。ちょっと、どうなってるのよ」