しかし、日本には検査データのコレステロール値を「目の敵」のように減らそうとする傾向があります。私は、これはそもそも間違った傾向だと思っています。心筋梗塞で死ぬ人が日本人に比べて圧倒的に多いアメリカ人は、確かにコレステロールが高すぎる人は減らしたほうがいい場合があると思いますが、日本人はまず、そんな心配をする必要はないでしょう。

 アメリカではがんで亡くなる人の1.7倍の人が心筋梗塞で亡くなっているのですが、日本人は心筋梗塞で亡くなる人は、がんの半分程度です。よくいわれる、コレステロールを減らそうというのは、心筋梗塞を予防する、という意味合いが強いのです。もし、コレステロールを減らすように努めると、体の免疫機能が落ちるので、むしろがんは発症しやすくなってしまいます。実際、コレステロール値が低い人ほどがんになりやすいというデータもあるほどです。

 日本では、がんでの死亡率がいちばん高いのですから、コレステロール値を減らすことばかりを目標のようにいうのは考えものでしょう。コレステロールを減らすという対策は、男性ホルモンも同時に減らしてしまうため、特に男性にとっては有効とはいえないでしょう。

 次回は、家族や身近な人が「認知症」の恐れがある場合にどう対応していくべきかについて解説していきたい。