LDLコレステロールが
高すぎても低すぎても死亡率は上がる

 簡単に説明しておくと、まず、コレステロールは肝臓で合成され、ホルモンや細胞膜などの材料になります。

 この材料を血液に乗って肝臓から全身へと運んでいるのがLDLコレステロール。そして体内で余ったコレステロールを血液に乗って回収し、肝臓へと運んでいるのがHDLコレステロールです。

 HDLコレステロールが低すぎると、血中のコレステロールが回収されないままになり、まさに血液ドロドロの状態になります。

 一方、LDLコレステロールが低すぎると、「材料不足」によって体のさまざまな機能を担っているホルモンが足りなくなったり、血管壁の細胞がもろくなって血管が裂け、脳出血などのリスクが高くなったりします。

 たしかに、高LDLコレステロール血症は動脈硬化を進行させる一要因です。でも、LDLコレステロールも体に必要なものであり、低ければ低いほどいいわけではありません。

 そのため、LDLコレステロール値と死亡率のグラフは、正比例ではなく、ゆるやかなJカーブになります。高すぎても低すぎても死亡率は上がり、ちょうどいい中間の値でもっとも死亡率が下がるというわけです。

 また、コレステロールは肌や髪の潤い、ツヤの元でもあるため、その運搬係であるLDLコレステロールが不足すれば、見た目の老化も一気に進んでしまいます。

 たとえば、ベジタリアンには、体は細くても、肌はカサカサ、髪はパサパサという人が多く見られます。これは要するに、動物性脂肪をカットしているせいで、潤いやツヤの元であるコレステロールが足りていないからなのです。

 では、より長寿で、見た目にも若々しくいられるLDLコレステロール値とは、どれくらいでしょうか。