――「お前がキャプテンだ」すごい言葉ですね。「池井戸作品」が原作のドラマ出演は『下町ロケット』に続き2回目です。

 日々の撮影は朝から深夜に及ぶこともあり、ハードです。『下町ロケット』の時も、急遽深夜の撮影が決まったりと大変なこともありますが、福澤監督はみんなを引っ張っていくパワーがとにかくすごい。初回の顔合わせで監督が「このドラマで日本を元気にする」と言ったのですが、アストロズの部員役には、元プロレスラーやアメフト出身者もいて、芝居の現場の常識をぶち破るにぎやかさがあります。

――アストロズの部員を演じる多くは、日本代表経験者を含む本物のラグビー選手。ラグビーのシーンは臨場感がありそうです。

 安西信彦役の齋藤祐也さんは元日本代表で、僕たちが高校時代にプレーを真似していた選手。浜畑讓役で日本代表のキャプテンも務めた廣瀬俊朗とは同級生。オーディション会場で廣瀬を見つけた時は、本当にびっくりしました。以前も『不惑のスクラム』というドラマに出演させていただきましたが、今回は役者さんでなく、ラガーマン中心でラグビーをします。さらには福澤監督も慶應大学ラグビー部のOBで、人と人とがぶつかるコンタクトシーンは一切の妥協なし。迫力のある画が撮れています。

――第2話でアストロズの柴門琢磨新監督は、選手1人ひとりの心を掴むべく“ある作戦“に出ます。

 柴門監督は大学ラグビーで有名になりましたが、社会人と大学ラグビーは別世界。徹もその指導力の高さを知ってはいても、「社会人で通用するのだろうか」と訝っています。その意味で“ある作戦”は、アストロズの心をつかむ最高の一手。柴門がラグビーを深く考えているのだと徹も理解はします。ただ、本当に柴門を信じるようになるのは試合の結果が出てから。いまはまだ完全には心を預けたわけではない、と僕は捉えています。

――GMと監督、そしてキャプテンがそれぞれどんなリーダーシップを発揮し、信頼関係を築くのかが楽しみです。どんな風に作品を見てほしいですか?

 完全に心を預けていないのは、君嶋に対しても同じかもしれません。ただ君嶋は優秀だったのに勢力争いに敗れてしまった不運な人です。ラグビーの素人だからこそ、いいところと悪いところの両方が見えている。脚本と原作小説を読んでも感じますが、『ノーサイド・ゲーム』は働くすべての人が共感できる企業ドラマでありながら、明日の元気になるような、スポーツならではのシーンもたくさんあります。ドラマだからこそ伝えられることがあると思うので、ぜひ楽しんでほしいです。

※本連載は雑誌『TV station』との連動企画です。写真提供:TBS

未来につながる、パスがある。
大手自動車メーカー・トキワ自動車のエリート社員だった君嶋隼人は、とある大型買収案件に異を唱えた結果、横浜工場の総務部長に左遷させられ、同社ラグビー部アストロズのゼネラルマネージャーを兼務することに。
かつて強豪として鳴らしたアストロズも、いまは成績不振に喘ぎ、鳴かず飛ばず。巨額の赤字を垂れ流していた。
アストロズを再生せよ――。
ラグビーに関して何の知識も経験もない、ズブの素人である君嶋が、お荷物社会人ラグビーチームの再建に挑む。

『ノーサイド・ゲーム』

池井戸潤
ダイヤモンド社 刊
定 価:本体1600円+税 
発売日:2019年6月13日