体罰謹慎の経験がある岡田監督が
「王道の野球」に辿り着くまで

 岡田監督は、東洋大姫路で活躍した後、日体大に進学。1年生からベンチ入りして大学野球でも活躍した。4年生になるときには、上級生からの推薦で主将に選ばれた。このとき、副主将になった同期の平岩了・東京都立豊多摩高校監督が教えてくれた。

「高校の主将のイメージとはずいぶん違いました。龍生は『オレについて来い』というより、選手ひとりひとりのやる気を大事にしていた。そんな印象があります」

 そして、印象に残っている大学時代の逸話を教えてくれた。

「ある紅白戦で、私は捕手のポジションにいました。龍生が打席に入ったとき、私は投手に向かって『思い切って来い!』と叫びました。すると、龍生がスッと後ろに下がったかと思うと、次の瞬間、インコースの速球を軽々とホームランしたのです」

 さすがの強打。ただ感心している平岩さんに試合後、岡田主将が言った。

「オレがなぜホームランを打てたか、わかるか?」

 平岩さんは、そう言われて初めてハッとした。岡田龍生選手は、日頃から平岩捕手の癖を見抜いていた。「思い切って来い」、それは平岩捕手が内角の速球を投げさせるときに思わず投手にかける言葉だった。そういう言葉の1つから相手の心理や行動を読み取り、野球に生かすことが岡田監督は大学時代から得意だった。そして「好き」だったのではないだろうか。

 岡田監督が、体罰で謹慎した経験があるのは、自身の著書にも綴られている。それから、指導法が変わったと。それまでは、実績のほとんどなかった履正社の野球部を強くするので無我夢中だった。しかし、謹慎によって、目が覚めた。選手の気持ちを主体にした野球をやる。監督が勝たせるのではない。

 まだ大阪大会で上位の壁が破れず苦戦していたころ、しばしば練習試合でも戦ったという私立高校の元監督はこんな話をしてくれた。

「以前は、投手を中心とする守りの野球が身上でした。昔は本当に細かい野球でしたよ。どうやって点を取るか。走者1、3塁になったらダブルスチール。ランナーがわざと転ぶくらいの野球もやっていた。でも、ある時期からそういう細かすぎる野球は消えて、王道の野球になってきた。王道を歩み始めて、日本一にたどり着いた感じやね」

 打力で勝った今大会の印象とはずいぶん違う野球を追求した時代も長かった。様々な苦労や経験を越えて、今年の履正社の野球にたどり着いた。