世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、なんと大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』が、発売後たちまち第3刷となり、「日経新聞」にも大きく掲載された。
9月7日土曜14時、東京・八重洲ブックセンターに約80名が集結。満員御礼で行われた出版記念講演会の2回目を特別にお送りしよう。

Photo: Adobe Stock

産業革命は国民国家と並ぶ
人類最大のイノベーション

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

 いろいろな哲学者の考え方は、その時代背景に規定されています。
マルクス(1818-1883)の時代は、産業革命の直後です。
産業革命は、歴史学者によって解釈が異なります。
「ものすごい出来事だ」という人もいれば「大したことないで」という人もいる。

 でも、僕は、産業革命は、国民国家と並ぶ人類最大のイノベーションだと思っています。

 それはどういうことかといえば、産業革命までの人間の歴史は、気候の関数といえる。

 なぜかといえば、ほとんどの産業は「農業」だったので、お天気がよくなって気候がよくなれば、たくさん食物がつくれ、備蓄もできる。そうすれば、大軍を動かせ、大帝国ができる。

 でも、気候が寒冷化すると、食物がなくなり、人口もバラバラになっていく。
 だから産業革命までの人間の歴史は、実は気候でほぼ説明ができます。

 でも、産業革命で経済的に豊かになると、雨が降っても雪が降っても関係なく、カラーテレビも自動車も生産可能となる。

 みなさん、近代的な「生産の3要素」とは、「土地」と「資本」と「労働力」と習った記憶がありませんか?

 でも、これは産業革命の工場モデルを前提としています。
 広い土地があって、そこに資本と人を投入して工場をつくる発想です。
 まず土地を整備する。そこに工場を誘致し、お金を集めて、高性能の機械を買う。そこに労働力(人)を入れ、自動車やカラーテレビをいっぱいつくる。
 これが「生産の3要素」だと僕は学校で習った気がするのですが、未だに日本でも工業団地を造成し、「広い土地がありますから、きてください」と誘致活動などをやっていますから、実は産業革命当初からあまり変わっていない気がしますね。

 昔、堺屋太一さんが「これからはアイデアやで」と「知価革命」が大切という話をされていました。

 グーグルは、土地や資本も労働力も何もない段階で、アメリカ人とロシア人の2人のドクターが議論している中から生まれた。
 まさに「知価革命」の申し子ですが、新しい産業は、実は土地も資本も労働力も必要とせず、人間のアイデアから生まれるようになった。

 でも、日本をはじめ世界でも、まだまだ産業革命が生み出した、土地、資本、労働力の3要素で考える世界が続いています。

(つづく)