サウジ生産回復で原油価格は下落も、排除し切れぬ中東の武力衝突リスク
サウジアラビアの原油生産施設への攻撃が、原油市場に落とした影は深刻だ。先行きをどう読めばいいのか(写真はイメージです) Photo:123RF

サウジアラビアの原油生産施設がイエメンのフーシ派の攻撃を受けた。突然、世界の原油生産量の5%の生産が停止した。施設の被害状況が不明なため原油価格は70ドルを超える上昇になったが、サウジの早期復旧観測で水準を切り下げている。しかし、予定通りの修復が可能であるかは不透明であり、イランに対する武力行使のリスクも残るため、原油価格は高止まりする可能性がある。日本経済にとっては当然コストアップ要因となり、企業業績などに影を落とすことになりそうだ。(マーケットリスク・リスク・アドバイザリー代表 新村直弘)

活用可能な余剰生産能力を
フル活用しても190万バレル不足

 サウジアラムコの2施設がフーシ派の攻撃を受けて(フーシ派はすでに犯行声明を出した)停止、約570万バレルの原油生産に影響が出る可能性が出てきた。570万バレルは世界の消費量の約5%に相当する。

 攻撃を受けた施設のあるアブカイクは、サウジアラビア東部州に位置する世界最大の原油前処理施設(日量700万バレル)を有している。ここは原油から塩分などの不純物を取り除き、製油所で処理可能な原油に加工する設備であり、製油所ではない。

 また、紅海に続くペトロライン(サウジアラビアを東西に横切るパイプライン)の始発点でもあり、この供給にも影響が出る可能性がある。つまり、サウジアラビアにとって極めて重要な拠点であり、軍が防衛していた施設だ。それが破壊された。

 このことは、低空で飛行してレーダーにも映らず、「人が乗っていないために相手側の反撃を恐れない」ドローン攻撃を防ぐことは容易ではなく、今後も同様の攻撃が原油供給を脅かす可能性が高まっている、ということを示唆するものだ。