若手社員
「やる気のある社員」には仕事を任せたくなりますが… Photo:PIXTA

やる気のある社員をどう伸ばすか

小宮一慶・小宮コンサルタンツ代表
小宮一慶
小宮コンサルタンツ代表

 企業には程度の差こそあれ、「やる気のある社員」と「やる気のない社員」がいます。特に人手不足の今の時代、やる気のある社員をどうやってうまく育てていくか、やる気のない社員のやる気をどう引き出すかは、経営者や上司にとって重要な課題です。

 やる気のある社員をかわいく思い、将来の幹部として育てるためにも、いろいろな仕事を経験させようと目をかける経営者は少なくないでしょう。また、中小企業には人材が十分にいませんから、やる気のある社員に仕事を任せたくなる気持ちも分かります。しかし、それには注意が必要です。

 経営者に必要なのは、その人の「実力」を見極めることです。

 やる気のある人に、相応の仕事をしてもらうことは、悪いことではありません。しかし、仕事はやる気と実力の両方があってこそうまくいくもの。その仕事が実力とかけ離れていては、どう頑張っても結果は出ません。