マウイ島のおすすめ(3) 豊富なアクティビティ

モロキニ島
ワイレアの沖合にぽっかりと浮かぶモロキニ島 ©iStock

■ゴルフ
 ハワイでのリゾートステイ。王道のアクティビティといえばゴルフです。まずゴルフ場を整備してから、周囲にホテルなどの施設を建設していくのが、ハワイのリゾート開発のスタイル。カパルア・ゴルフクラブ、カアナパリ・ゴルフコース、ワイレア・ゴルフクラブなど、マウイ島に点在するリゾートコースはPGAツアーにも使用されていて、その人気にたがわず、最高の設備と自然を活かした美しいレイアウトを誇っています。

■クルージング
 マウイ島ではさまざまなクルージングツアーが行われています。特に人気があるのはワイレアの沖合に浮かぶモロキニ島へのクルージンツアー。モロキニ島はクロワッサン型の小さな無人島で、内海の透明度は抜群。シュノーケリングで熱帯の魚たちと戯れるには最高のロケーションです。そのほかには、魚影の濃いホノルア湾へ行くシュノーケリング・クルーズや、マウイ島のお隣のラナイ島への日帰りクルージングなどが好評です。

■ホエールウォッチング
 夏の間アラスカ沖の北極海で暮らしているザトウクジラは、毎年冬(11~4月頃の間)になるとハワイ近海にやってきます。その数およそ1万頭。数千マイルもの距離をはるばる泳いできたクジラの姿を、西マウイから南マウイにかけての海岸線から眺めることができます。マウイ・オーシャン・センターの展望台にはホエールウオッチング用の望遠鏡が設置されているので特におすすめ。クルーズツアーなら、より間近で迫力あるクジラの姿を見ることができます。

■シュノーケリング
 スキューバダイビングのように本格的な装備をつけなくても、気軽に海に潜れるのがシュノーケリングのよさ。ツアーだけでなく、ホテルによってはアクティビティ・プログラムで行っているところもあります。もちろん、装着するギアなどはレンタルできます。ベストポイントは、カパルアの先にあるホノルア・ベイ。サンゴ礁の状態がよくたくさんの魚が見られます。そのほかでは、西マウイならカパルア、ホノケアナ、ラウニウポコ、カヘキリ、ブラック・ロック、南の海岸沿ならカマオレ・ビーチパークなどが挙げられます。

■サップ&サーフィン
 島のあちらこちらでよい波が立つことから、サーファーの誰もが憧れる“サーフィンの聖地”ともいわれているマウイ島。波の比較的穏やかなビーチで受けるレッスンなら、初心者でも波乗りデビューが気軽に楽しめます。また、近年人気のマリンスポーツである、ロングボードより厚みと幅のあるサーフボードの上に立って、パドルを漕ぎながら進むスタンドアップパドルボード(SUP)も、サーフィン同様レッスンを行っているショップがあります。