誰でもすぐに使える「伝え方」を紹介し、シリーズ累計143万部突破の大ベストセラーとなった『伝え方が9割』から、『まんがでわかる伝え方が9割[強いコトバ]』が発売されました。
メールを送っても相手が読んでくれない。毎日投稿しているのにSNSのフォロワーが増えない。会議で発言しても印象がうすい。こんな風に、自分のコトバが伝わらないせいで損をしないように、話題の本書からたった10秒でできる「強いコトバ」をつくる技術を紹介します。(構成 辻井葉子)

今すぐなんとかしたい!そんな時こそ使える、一瞬でコトバが変わる魔法

都内ではたらく独身OLの和田ヒナ。
転職して早々、「伝えベタ」なせいで仕事に行き詰まってしまいます。

ヒナ「世の中 プリンくらいしか私に甘くないのよ。
   生まれかわったらプリンになりたい…」
友人「そ…そう…」

プリンをやけ食いしても当然ながら問題は解決せず、メールもLINEも仕事も「伝わらない地獄」から抜け出すことができません。

「これじゃあ目立たない」
「え…そんな内容だっけ」
「読む気がしないな」

今日中にクライアントへ出さなければならないコトバが書けず、ついに会社を飛び出したヒナ。強いコトバのつくり方を教えてもらうため、伝説のオネエ編集長 マリアのもとに押しかけます。

「『生きてる』って感じられる 仕事がしたいんです」
世の中へ次々にヒットを送り出しているマリアは、以前、ヒナが書いたダサいコトバを一瞬で書き換えて見せた人物。
マリアは「コトバは法則を知れば誰だって上手につくれる」と言います。

「コトバは法則を知れば誰だって上手につくれるの。
一流のビジネスパーソンはみんな『強いコトバ』をつくる技術を知っているわ」

怖い見た目と厳しい態度とは反対に、じつはお人好しのマリア。必死で教えを請うヒナに根負けし、ついに「伝え方の技術」のレクチャーをはじめます。
カンタンすぎて、あっと驚くその技術とは?