「アート史上最も多作」なアーティストの代表作

ここでいったんサイコロの絵から離れて、ある有名なアーティストの話をしたいと思います。

その名もパブロ・ピカソ(1881〜1973)。美術に詳しくない人でも、「ピカソなら聞いたことがある!」という人は多いのではないでしょうか。天才や巨匠と称され、世界中の人が知るアーティストです。

ピカソは、1881年にスペインで生まれ、当時の西洋美術の中心地であったパリを拠点に活動しました。
彼は絵画という枠に留まらず、デザイン・立体・舞台芸術など、ほかにもありとあらゆる分野で、制作スタイルを次々と変えながら表現活動を行いました。

ピカソの生涯はとにかくエネルギッシュ。とくに驚かされるのは作品数です。
彼は多作のアーティストとしても知られているのですが、一生のうちにいくつの作品をつくったと思いますか? 3択で答えてみてください。

①多作とはいえ作品1つを仕上げるのは大変。一生で1000作品ぐらい?
②40年間、毎日ずっと1作品ずつつくったと仮定して、約1万5000作?
③同じ期間、毎日10点つくったとしたら、その10倍で……15万作?

正解は③、なんと15万点にも達します。「史上最も多作のアーティスト」としてギネスブックに載ってさえいる記録です。

なお、ピカソの作品数が多い理由として、彼の現役時代が長かったことも挙げられます。美術学校の教師であったピカソの父は、早期に息子の才能に気づき、10歳から本格的にアートを学ばせました。そのためピカソは、91歳という長寿でこの世を去る前年まで、約80年間も作品をつくり続けることができたのです。

おまけに、ピカソは恋愛に対してもエネルギッシュ。数々の女性との恋愛話があり、2度目の結婚はなんと彼が80歳近くのときのことでした。

拙著『13歳からのアート思考』でご紹介しているのは、ピカソが1907年に描いた《アビニヨンの娘たち》という絵です。アビニヨンというのはスペインの地名であり、5人の娼婦が描かれています。

キャンバスに油絵具で描かれたこの大作は、数あるピカソの作品のなかでも、とくに歴史に残る名作とされています。この絵のサイズはおよそ縦2.4メートル、横2.3メートル。日本の一般家庭の天井にも達しそうな大きさの絵画です(気になる方はぜひご覧ください)。

あなたはこの絵を「リアルな絵」だと思いますか?
そのとき、どのように「リアルかどうか」を判断していますか?

いうなれば、それが「いまのあなたのものの見方」です。

それとはまるで異なる「ものの見方」があり得る可能性について、ぜひ考えてみてください。