▼「爆発的に面白い!! 『図工2』の僕が、現代アートに惹かれる理由がわかった」(中原淳氏/立教大学経営学部 教授)
▼「『考える』の前に『観る』がある。『観る』がなければ『考える』もない」(山口周氏/独立研究者)
▼「美術は『思考力』を磨くための教科だったのか!とわかる本」(藤原和博氏/教育改革実践家)
▼「人間の『知覚』と『表現』という魔法の力を解放してくれる一冊!」(佐宗邦威氏/戦略デザイナー)

論理もデータもあてにならない時代、論理・戦略に基づくアプローチに限界を感じた人たちのあいだで、「知覚」「感性」「直感」などが見直されつつある。そんななか刊行され、各氏がこぞって大絶賛するのが、『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』という書籍だ。

現役の美術教師でもある著者が、中高生向けの「美術」の授業をベースに、「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、「自分なりの答え」を生み出し、それによって「新たな問い」を生み出すという「アート思考」のプロセスをわかりやすく解説している。700人超の中高生たちを熱狂させ、大人たちもいま最優先で受けたい授業とは――?

できるだけ「リアルに」
サイコロを描いてみる

あなたは「リアルさ」をどんな意味で理解しているでしょう?
たとえば、「この絵はリアルだなあ」と語るとき、どのようなニュアンスを込めていますか?

今回からは「『リアルさ』ってなんだ?」という問いをめぐって、探究の冒険に出ましょう。

実感を伴って考えていただくために、エクササイズを用意しました。

【やってみよう】リアルにサイコロを描く
「鉛筆」と「紙」と「サイコロ」を用意して、サイコロを描いてみましょう。とはいえ、サイコロが手元にない方も多いでしょうから、その場合には頭のなかでサイコロを思い浮かべて描くのでもかまいません。描き方についてのアドバイスはしませんが、意識してほしいことが1つあります。「どうすれば『リアルに』描くことができるのか」を考えながら描いてみてほしいのです。それでははじめましょう!