注意すべきは妻の「社会保険の壁」

 気をつけなくてはならないのは「社会保険の壁」だ。それまで社会保険料の負担がゼロであったパート妻が、年収106万円、もしくは130万円を超えると、社会保険料が発生し、妻の手取りは激減する。社会保険料は収入に対して一定料率でかかるため、少しずつかかる税金よりも負担が重い。

 社会保険の壁である「106万円の壁」と「130万円の壁」について解説しよう。

【パート先が従業員501人以上の企業の場合】

 一定要件を満たすパートタイマーは、年収106万円を超えると勤務先の社会保険に加入することになる(妻の勤務先のルール)。

【パート先が従業員500人以下の場合】

 パート年収が130万円未満なら、会社員の夫の「社会保険の扶養」に入ることができ、第3号被保険者として社会保険料を払わずに済む。それを超えると、妻は夫の社会保険の扶養から抜けて、自身で年金や健康保険料を払うことになる(夫の勤務先のルール)。

 つまり、妻のパート先が大企業なら「106万円」、中小企業や個人事業なら「130万円」ということだ。

 下のグラフは、夫が会社員、妻はパートとして働く世帯の手取り年収推移のグラフである。

 細かいガタガタは税金によるもので、少しずつかかるため手取りに大きな影響を与えない。一方、妻が自分で社会保険料を払うようになると、手取りはガクンと減ることがグラフで見て取れる。

 妻が大手スーパーなどで働き、年収が106万円を超え社会保険に加入すると、妻の手取りは年収105万円のときより15万円減り、105万円時の手取りと同額まで回復するのは125万円まで働いた時。その間は、「働き損」が続くということになる。

「130万円の壁」の場合は、130万円になった途端に手取りは16万円減り、壁を超える前の手取りに回復できるのは、153万円まで働いた時だ。

 社会保険に加入すると、メリットもあるので「働き損」という言い方はそぐわないかもしれないが、パートで働いている人にしてみると、より多くの時間を働いて、手取りが減るのは納得がいかないだろう。

 あるテレビ番組でスーパーにロケに行った際、パートさんたちに「壁」についてレクチャーし、最後に感想を聞いてみると、口を揃えて「手取りが減るのは損としか思えない。これからも壁の内側で働きたい」と言っていた。