・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

Photo: Adobe Stock

背肉と腹肉をダブルで除肉!
仕事の合間に短く攻めるには?

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

肩関節が固い人、背中に疲れがたまりやすい人向けの「座位・背中寄せドローイン」です。立って行うこともできます。
背中の動きとお腹を引っ込める動きを同時に、できれば椅子に浅く座った状態で行います。
肩を引いて肩甲骨を寄せて背中にできるだけたくさんのしわを寄せながら、お腹もしっかりと引っ込めましょう。
ポイントは、壁を使った基本のダイエットドローインの上半身のポジションを崩さずに行うことです。肋骨をしめて上腹を引っ込め、胸を突き出さないように注意してください。
肩を引く動きが苦手な人は、この「座位・背中寄せドローイン」で改善できます。
「座位・背中寄せドローイン」は、背肉が気になる人や姿勢の改善にも役に立ちます。背中の筋肉を大きく動かしやすく血行もよくなり、背中が軽くなるという人も多いです。長時間行うよりも、短めに、仕事や家事の合間に行うのがおすすめです。

■座位・背中寄せドローイン
【行い方】椅子に浅く座り、後ろで手を組む。肩を引いて肩甲骨を寄せながら、お腹を引っ込める
【注意点】基本のダイエットドローインの姿勢で行い、胸を突き出さない
【ポイント】短めに行うのがおすすめ