オウギワシ/Harpia harpyja(中米、南米)

オオギワシ見た目はかわいいが獰猛なオオギワシ ©iStock

 野鳥好きなら一度は見てみたい、憧れの鳥オウギワシ。中米から南米にかけての熱帯雨林に生息しています。

 頭の羽が特徴で、これが扇に見えることが名前の由来。英語ではハーピー・イーグルと呼ばれ、ハーピーはギリシャ神話の上半身が女で下半身が鳥の怪鳥のこと。

 尾羽にはボーダーラインがあります。体長は約1m、翼開長は約2m、体重は7~8㎏。爪は13cmを超える長さがあり、サルやナマケモノを捕まえて食べる最強の猛禽類です。

アンナハチドリ/Anna's hummingbird(アメリカ)

アンナハチドリアンナハチドリのオスは口笛のような鳴き声を出すのだそう ©iStock

 北米から南米にかけて生息するハチドリは、名前のとおり蜂のように素早く飛び、ホバリングしながら花の蜜を吸う小型の鳥。世界に300種類以上いると言われています。

 その中でも特に美しいのがアンナハチドリ。アメリカ西海岸原産で全長約10cm。光沢のあるピンクの輝きは、羽ばたく宝石と形容されるほどです。