人事コンフィデンシャル
Photo by Satoru Okada

事業会社の新トップこそ次の本命
「あたらしい幸せ発明部長」が登竜門に

 新型コロナウイルスの感染拡大という異例の経営環境の中、トップ交代を発表したのは、大丸松坂屋百貨店を擁するJ.フロント リテイリングだ。

 J.フロントの山本良一社長(69歳)は2003年、経営統合前の旧大丸社長に就任。以来、旧松坂屋との経営統合を主導した前任の奥田務特別顧問(80歳)の影響下にありながら、足かけ17年もの間トップを務めた。17~21年度までの中期経営計画の途中ではあるものの、東京・銀座の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」のオープンや、大丸心斎橋店本館、渋谷パルコのリニューアル、そしてパルコの完全子会社化を成し遂げた。

 後任となるのは、傘下の大丸松坂屋の社長の好本達也氏(64歳)。5月の株主総会後に就任し、山本氏は取締役会議長に退く。好本氏は大丸松坂屋の社長を13年から務めており、山本氏の後任として長く名前が挙がってきた。今回のグループトップへの就任は、やや遅過ぎる感もある。

 というのも、「好本氏はあくまでつなぎ。新たに大丸松坂屋社長に就任する澤田太郎氏(60歳)に数年で交代するのではないか」(百貨店業界関係者)との見方が強いためだ。

山本良一社長と好本達也代表執行役常務
新型コロナで臨時休業が迫られる中、J.フロント リテイリングの山本良一社長(右)からバトンを受け取った好本達也代表執行役常務 Photo by S.O.