かつてのような英文の読解が中心の授業であれば、英語で書かれた小説や評論を読み、それを日本語に訳すことで、言語能力や想像力が鍛えられるだけでなく、教養あふれる文章に触れることで深い教養が身につき、視野も広がり、知的刺激を十分に受けることができた。

 ところが、英語の授業が会話中心の実用的な内容になったことで、海外からの旅行者に道案内したり、外国人とあいさつなどちょっとした日常会話を交わしたりする訓練となり、英文解釈のような知的格闘もなく、読解力の向上も深い教養の獲得も期待できなくなった。英語圏では幼い子どもが行っている程度の会話の訓練、つまり知的発達とは無縁の訓練を、日本では中学や高校ばかりでなく大学の授業時間内に行うようになったのである。

英会話教育の大きな勘違い

 ある大学生が、ネイティブ教員が行う英語の授業について、榎本氏に文句を言ってきたことがあったという。

 大学の英語の授業で使っているテキストが、妹が中学で英語の補助教材として使っている日常会話の本と同じで、「恥ずかしくて妹に知られないように隠している」「大学でこんな授業を受けるとは思わなかった」「ネイティブが、笑顔で話しかけ名前を呼んでくれたって喜んでる友だちもいるけど、もっと知的な授業を受けたい」というのだ。

 中学・高校・大学で英語の授業を受けても、全然しゃべれるようにならないから従来の授業は役に立たない、実用英会話にシフトすべきだとして、英語教育の大転換が行われたわけだが、そこに大きな勘違いがあったと言わなければならない。学校の授業というのは、単に実用のために受けるものではなく、頭の鍛錬、知的発達の促進のために受けるものなのである。そこを見逃しているのだ。それには日本人の欧米コンプレックス、白人コンプレックスも絡んでいるのだろう。

 英語を日本語に翻訳するというのが従来の英語の授業だったが、それは国語力と英語力を駆使した知的格闘技のようなものであり、知的刺激にあふれるものだった。

 英文学者の行方昭夫氏は、翻訳について、次のように述べている。