時間帯別運賃で
持続可能な鉄道に

 少子高齢化とアフターコロナにおける時代の変化というのは不可逆的なものであるが、その中で、鉄道全体の運賃収入が大きく減少し、中小私鉄もさることながら大手についても赤字経営となった日には、その先には安全を脅かすような身を切る施策、最悪の場合は公共交通の消滅が待っているかもしれない。果たしてそのような未来が本当に望ましいのだろうか?

電車を運転する技術
『電車を運転する技術』(SBクリエイティブ)

 先述の通り、多くの人は運賃値上げを好まない。一方、満員電車も解決してほしいとなれば、多くの人が利用する時間帯のサービスを値上げすることは、市場原理としては自然と考えられる。だが、利用者に広く納得してもらうのにはまだまだ時間がかかりそうだ。

 とはいえ、公共交通である鉄道を持続可能にするためにも、時間帯別運賃によるプライシングを未来への「投資」と考えてもよいのではないだろうか。

 実際、コロナ前からバリアフリー化促進費用を運賃に上乗せする案はあった。十分な運賃収入が得られなければ、ホームドアを含む鉄道設備への安全投資、それに関わるメンテナンスなどができない可能性もある。

 コロナを受けて、鉄道各社はインバウンド戦略を含めたグローバル思考がやや縮小傾向にあり、余計にローカルな沿線意識において鉄道・交通網を守っていかなければならない時にある。時間帯別運賃の導入は、鉄道会社がニューノーマルを生き抜くための第一歩ともいえる。