●町の魅力

ヴェネツィア,イタリア運河を巡るゴンドラ。ルートや時間、料金はゴンドリエーリと相談して決める ©iStock

 町全体が干潟の上にあるという世界でも類を見ない地形から、「水の都」と呼ばれるヴェネツィア。町中を巡る運河を進むゴンドラは、絶対に体験したい名物アトラクション。中世に隆盛を誇った海洋王国「ヴェネツィア共和国」の首都として発展した町なかには、往時の歴史的な建造物が点在。迷路のように入り組んだ小路を歩けば、中世ヨーロッパの世界にタイムスリップできますよ!

●世界遺産

ブラーノ島,ヴェネツィア,イタリアSNSで人気急上昇中のブラーノ島 ©iStock

 町全体が「ヴェネツィアとその干潟」として世界遺産となっています。ヴェネツィアンガラスで有名なムラーノ島、カラフルな町並みで人気のブラーノ島など周辺の島々も一緒に登録されています。

●交通事情=水上バス

水上バス,ヴェネツィア,イタリアヴェネツィアの主要交通手段であるヴァポレット ©iStock

 ヴェネツィアの市街地には車の進入が許されておらず、メインの交通手段はカナル・グランデを行く水上バス(ヴァポレット)です。サンタ・ルチア駅や空港からもこのヴァポレットを利用することになります。

アクア・アルタとは

水没したサン・マルコ広場水没したサン・マルコ広場 ©iStock

●発生する時期
 アクア・アルタとはイタリア語で「高潮」の意味。平均海抜がわずか80cmほどのヴェネツィアでは、このアクア・アルタが起こると町のいたる所が浸水・水没してしまいます。アクア・アルタの発生は秋~冬に多いのですが、春~初夏にかけても発生することがあります。

 特にここ数年は水位の上昇が激しくなることが多く、2019年11月に起こったアクア・アルタでは、観光の中心であるサン・マルコ広場が完全に海面下になる事態となってしまいました。

●発生時期の観光の注意点
 アクア・アルタは自然現象なので、完全に予測することは難しいです。発生時には各ホテルで長靴をレンタルしてくれることも。観光地も水位の上昇が少なければ通常通りオープンし、数時間すれば水も引くので、観光ならそれほど心配することはありません。

アクア・アルタ長靴を履けば町歩きも可能だ ©iStock