Aさんのキャッシュフローを確認
年間で170万円、貯金できる!

 早速、Aさんのキャッシュフローを見ていくことにしましょう。

 Aさんの現在の手取月収は、給与22万円、年金8万3000円、雑収入1万円の、合計31万3000円です。介護事業手伝いの収入は1万~2万円と書かれていますが、キャッシュフローは厳しめに試算するのが鉄則なので1万円とします。ボーナスが年間40万円あることから、年間収入は31万3000×12カ月+40万円=415万6000円になります。

 一方、毎月の支出は記載されている項目を合計すると19万1000円です。雑費は2万~3万円となっていますが、高いほうの3万円で試算を続けます。

 その他、旅行を年2~3回で10万円、観劇も同じ回数で3万5000円、火災保険が5000円との記載があります。これらを合計すると14万円です。これを毎月の支出と足し合わせて年間支出を試算します。19万1000円×12カ月+14万円=243万2000円となります。

 年間の収支は415万6000円−243万2000円=172万4000円の黒字、言い換えれば年間の貯蓄可能額になります。

 試算では少し支出が増えたとして年間貯蓄額は170万円とします。現在の職場の最終定年は70歳とのことから、それまでの5年間で貯蓄できる金額は、170万円×5年間=850万円になります。