本書の要点

(1)Twitter運用には、キャンペーンや販促を行う「販促型」と、消費者とつながる「コミュニケーション型」の2種類がある。「コミュニケーション型」の運用では、たった1人からでも消費者とつながれる。
(2)思いつきから企業間のコラボレーションが起こり、その過程を消費者が目撃できるのもTwitterならではの魅力だ。
(3)Twitterの特徴である双方向のコミュニケーションを生かしたやりとりで、ファンの「愛着」を育てることができる。

要約本文

◆人気SNSの「中の人」に学ぶ「個」の力
◇「1人の力」で熱狂を生み出す

 インターネット利用者のホームポジションがポータルサイトからSNSへ移行して久しい。企業のPRの場も、検索エンジン最適化(SEO)からTwitterなどのSNSになっている。

 とはいえ、SNSは本来コミュニケーションの場だ。SNSユーザーは、検索エンジンから自社サイトにアクセスしてきた人や、通販サイトなどで買い物をしている人と比べれば購買意欲は低く、そんな場で企業が宣伝文句を連呼するのは逆効果にもなりかねない。

 企業によるTwitterの運用は、プレゼントキャンペーンなどを行う「販促型」と、消費者とつながる「コミュニケーション型」の2つに分けられる。本書で紹介される企業が行っている「コミュニケーション型」の運用では、大きなキャンペーンを打たなくとも、たった1人の「中の人」さえいれば消費者とつながれることが特徴だ。本書に登場する「中の人」は、企業人としての意識を持ちながらも、その人個人の力で消費者とつながり、ファンを熱狂させている。

 本要約では、本書で紹介される6社のうち、3社の「中の人」の取り組みを取り上げる。彼らの日々の努力と、ファンを熱狂させる仕組みを見ていこう。