過剰な患者隔離を前提にPCR検査を抑制
無症状者の放置が蔓延の原因だ

 日本が「隔離」に消極的というと、違和感を抱かれる方も多いだろう。日本では、感染症法に基づき、感染者は強制的に入院隔離されている。第3波では対象は高齢者と基礎疾患を有する人に縮小されたが、コロナにエボラ出血熱並みの対応をしている先進国は、私の知る限り日本以外にない。他国では、感染者は基本的に自宅あるいは宿泊施設で「隔離」している。日本のようなことをしていたら、入院病床がいくらあっても足りない。

 病床不足を緩和させるために、厚労省が採った方針がPCR検査の抑制だ。コロナ感染はPCR検査の結果に基づいて診断される。検査を抑制すれば、見かけ上、感染者を少なく見せることができる。コロナは無症状の感染者が多く、彼らが周囲にうつす。おまけに感染力が強い。

 だからこそ、これだけ世界中で拡散した。ところが、PCR検査を症状がある人だけに限定した日本は、このような感染者を「隔離」できなかった。これが、東アジアで日本だけが国内でコロナが蔓延した原因だ。

 無症状感染者の問題を世界が初めて認識したのは2月のダイヤモンド・プリンセス号の経験だった。それ以来、無症状感染はコロナ研究者の最大の関心事の一つだ。例えば、世界で最も権威がある医学誌の米『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』12月17日号に掲載された原著論文4つのうち2つはコロナの無症状感染者をテーマとしたものだ。残る2つはコロナワクチンである。世界の専門家が、どれくらい無症状感染に関心を抱いているかご理解いただけるだろう。

『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』12月17日号に掲載された2つの無症状感染を扱った論文は、米海兵隊の新兵および米原子力空母を舞台とした集団感染を扱ったものだが、特に前者の臨床的意義は大きい。それは前向きの介入試験だからだ。綿密な計画に基づき、網羅的にデータが収集されている。

 この研究の対象は1848人の海兵隊員の新兵だ。彼らは2週間の自宅隔離後に、サウスカロライナ州のシタデル軍事大学に移動した。訓練を開始するにあたり、さらに14日間の隔離下に置かれた。その際、到着後2日以内に1回、7日目、14日目に1回ずつ合計3回のPCR検査を受けた。

 この研究では、最終的に51人(3.4%)が検査陽性となった。意外だったのは、51人全てが定期検査で感染が確認され、46人は無症状だったことだ。残る5人も症状は軽微で、あらかじめ定められた検査を必要とするレベルには達していなかった。以上の事実は、若年者においては無症状感染が占める割合が大きいことを意味する。

 さらに、51人の陽性者のうち35人は、初回のPCR検査で陰性で、その後の定期検査で感染が判明した。コロナの潜伏期間を考慮すれば、大部分は施設内で新たに感染したのだろう。以上の事実は無症状の感染者を介して、集団内で感染が拡大したことを意味する。もちろん、無症状感染者はせきをしない、たんも吐かない。症状がある感染者と比較して、周囲に感染させるリスクは低いと考えられている。

 ただ、若年者の多くが感染しても無症状であるとすれば、感染者と濃厚接触者にウエートを置いたクラスター対策では不十分なことは自明だ。日本の第3波では若者の感染者が多く、家庭内感染が問題となっているのも当然だ。