総予測#46
Photo:AFP/AFLO

2021年のゲーム業界で注目が集まるのが、20年末に発売されたソニーのPS5と米マイクロソフトのXbox新機種の販売合戦の行方だ。だが、GAFAを筆頭に「脱ハード」を目論む新規参入者の存在も目立ち始めた。特集『総予測2021』(全79回)の#46では、ゲーム業界の趨勢を展望する。(ダイヤモンド編集部 山本 輝)

「週刊ダイヤモンド」2020年12月26日・2021年1月2日合併号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は原則、雑誌掲載時のもの。

PSとXboxの次世代機が発売
7年ぶりのガチンコ対決に

 2020年の年末商戦を、久々の大型商品が沸かせた。

 2020年11月、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「プレイステーション(PS)5」を、米マイクロソフトが「Xbox」の新機種をそれぞれ発売した。約7年ぶりとなる主力ハードの投入だ。この次世代ハードのガチンコバトルの行方に注目が集まっている。

 日本ではXboxに比べてPSシリーズがよく浸透しているが、米国を筆頭に海外ではXboxの人気もPSに引けを取らない。そのため、何かと「ライバル視」されがちな両者ではあるが、果たしてこの新機種販売合戦はどちらに軍配が上がるのだろうか。