2021年早々、一都三県に緊急事態宣言が発令。コロナ感染者が激増する中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

Google の「心理的安全性」と<br />9割の人が知らないけど<br />知っていると得する<br />「デジタル目安箱」のつくり方Photo: Adobe Stock

質問
 
風通しのよい職場ってどうやって作ればいいのでしょうか?

 管理職です。「仕事について何かあったらいつでも言ってこいよ」と若手にはつねづね言っていますが、誰も私の机に来ません(涙)。

 リモートワークでは、さらに、部下が何を考えているのか見えません。風通しのよい職場をつくるいい方法はありませんか。

回答
 Google フォーム を使って社内の意見を吸い上げましょう!

 オープンマインドで、部下の方と接されてらっしゃるのですね。

 それでも若いスタッフたちは、質問者さんの机に行って相談したり悩みごとを打ち明けることに少しハードルを感じているかもしれません。

 ズバリ! だれでもカンタンにアンケートを作成・回答できる Google フォーム を使って、社内の意見を吸い上げてみませんか?

 これぞ、10X時代のデジタル目安箱です!

 あのサイバーエージェントも、2002年から「社長が会社の問題や現場の変化を いち早く察知することはとても重要」として取り組まれています。

 対面よりも心理的なハードルが下がり、今まで出てこなかったホンネが聞き出せるかもしれません。Google でも、「一人ひとりが恐怖や不安を感じることなく、安心して発言・行動できる状態」のことを「心理的安全性」と呼び、チームのパフォーマンス向上に不可欠なものだと定義しています。

  Google フォーム は、いまやちょっとしたイベントの参加申し込みやアンケートなど至るところで使われていますが、もちろん組織内に向けてアンケートを実施することも可能です。

 記述式や選択式はもちろん、写真をはじめとするファイルのアップロードなど、11種類もの回答形式を組み合わせて設問をつくることができます。

 とはいえ、1回のアンケートはできるだけ簡潔に。質問は2~3問だけでもいいでしょう。

 あえて匿名でアンケートを行なってもいいかもしれません。

 Google のアプリは、すべて無料です。活用方法を知るだけで、あなたの生活を10倍便利で豊かにしてくれます。

 Google の提供している無料アプリ約70を「10」に厳選して紹介した本を上梓させていただきました。使っているけど使いこなせてない、知っていれば得ではなく、知らないと大きな損!

 そんな Google ツール で10Xする方法に興味があれば、ぜひ拙著『Google式10Xリモート仕事術』で、そのヒントを見つけてみませんか?

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。