2021年早々、一都三県に緊急事態宣言が発令。コロナ感染者が激増する中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(1/12から6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

Photo: Adobe Stock

質問
 リモートワーク時代のマネジャーのあるべき姿って、何ですか?

 リモートワーク時代の管理のあり方に悩んでいます。

 最先端を走る Google では、管理職である「マネジャー」を、どんな基準で評価しているのでしょうか。

回答
「13の秘密の質問」で Google のマネジャーたちは、フィードバックを受け取ります。

 多くの上司は日々、部下の生産性を高めるために腐心しています。

 どうしたら、やる気を引き出せるか。
 どうしたら、自分から積極的にどんどん動いてくれるか。
 どうしたら、効率よく仕事を進めてくれるか。

 それがわかれば苦労はないのですが、すぐにできるとてもカンタンな方法があります。

 Google の研究成果が公式サイトで公開されており、この実証済で効果絶大な研究成果をあなたも応用してみてはどうでしょうか。

 通常、フィードバックは、上司から部下に対して行われるものですが、

 Google では逆に部下から上司に行われる
「アップワード(上方)フィードバック調査」が定期的に行われています。
(出典:「ガイド:マネージャーにフィードバックを提供する」Google re:Work より)

 マネジャーに対する社員からのフィードバックは半年ごと。

 アンケートには3人以上が匿名で回答し、集計後のフィードバックレポートを対象となる本人が受け取ります。

 このフィードバックは「評価」ではなく、あくまでマネジャーの「育成」が目的。

 なんともオープンでストレートですが、効果がありそうですよね。

 全部で13の項目に対し、「非常にそう思う」が5、
「まったくそう思わない」が1、
 5段階のうち当てはまるものを回答するように求められます。

 その内容がこちらです。

1.  マネージャーとして他の人に推薦できる。
2. 能力を伸ばせる機会を与えて、キャリア開発をサポートしてくれる。
3.  チームに明確な目標を伝えている。
4.  具体的にアクションできるフィードバックを定期的に提供してくれる。
5.  仕事に関して自主性を尊重してくれる(マイクロマネジメントをしない)。
6.  1人の人間として常に思いやりを示してくれる。
7.  困難な状況においてもチームが最優先の仕事に集中できるように取り計らってくれる(他のプロジェクトを断ったり、優先順位を下げたりすることが必要となる時など)。
8.  上層部からの重要な情報を随時伝えてくれる。
9.  過去半年の間に、自分のキャリア形成について有意義な話し合いの場を設けてくれた。
10.  部下を効果的にマネジメントするための専門知識(技術的知識、セールスの知識、経理の知識など)を有している。
11. マネージャーとの間で意見の相違があったとしても、自分の意見を尊重してくれていることが行動から伝わる。
12.  困難な状況においても優れた意思決定を行える(複数のチームに関連したり、関係者間での優先順位が異なったりしている状況など)。
13.  チームや組織の枠を超えたコラボレーションを効率よく行える。

 各項目は「Google マネージャーの行動規範」に基づいており、Google 公式サイトであなたが本当にすぐに使えるよう、ドキュメント と フォーム でテンプレートが共有されています。

 上司としてやるべき行動が、かなり具体的で明確になったと思いませんか?

 これだけできたら、あなたも優れた上司です。

 フィードバックとは、相手の行動に対して自分の言葉で伝える技術です。

 相手を大切に思い、成功するようにサポートしたい気持ちがあるからこそ、相手に響きます。

 フィードバックには肯定的なもの(ポジティブフィードバック)と改善を促すもの(ネガティブ フィードバック)がありますが、両方のアプローチによってメンバーのやる気を引き出すことができます。

 まずは相手の話をしっかり聞き、必要な情報を提供する対話を Google で設定してみましょう。

 Google の考え方を知り、ご自身のマインドセットを更新して、10Xに活かしましょう。

 ぜひ拙著『Google式10Xリモート仕事術』で、そのヒントを見つけてみませんか?

ps.今回、特別動画「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」をアップしました。ビジネスパーソンに即役立つ内容だけを凝縮しました(6回限定)。できたてほやほやです。ぜひご覧いただけたらと思います。