現代人の脳には“毒”が溜まっている!
無意識に溜まった脳の“毒”を出して
脳がみるみる若返る食事法を紹介する

脳の若返りと認知症治療の専門医・白澤卓二医師が提案する衝撃の最新刊『脳の毒を出す食事』では、現代人の脳に溜まった毒を出し、脳の機能を上げる食事法を紹介している。
現在、認知症患者数は増加の一途。その発症を避けるには、40代からの脳のケアが大切だと著者はいう。本書では世界最新の医学で明らかになった認知症予防・改善策と、その研究からわかった脳のパフォーマンスを上げるために必要な食事を提案する。

Photo: Adobe Stock

「もの忘れ」は、認知機能低下のサイン

私は「もの忘れ」が認知機能の低下を示すサインだと考えています。40歳あたりから「昨日のランチは何を食べたっけ?」とつい昨日のことを思い出せなかったり、人と話していて「あのドラマの主人公の人かっこいいよね! え~と背が高くてホリが深くて、名前が思い出せない!!」「あ~あの人ね。名前は……なんだっけ?」とクイズがはじまるようなことはないでしょうか。これ、じつは認知症の初期症状なのですが、たいていの場合「年だからしょうがないよね」で済まされることが多いと思います。そうしたもの忘れで病院に駆け込む人はまずいないでしょうし、たとえ(私以外の)医師の診察を受けたとしても、「単なるもの忘れで、認知症ではありませんから心配いりません」と太鼓判を押されて帰ることになるでしょう。

しかし、脳の認知機能が若いころと同じように働いていれば、単なるもの忘れも起こりません。もの忘れが増えたと思うころにはすでに認知症の入り口に立っているということなのです。もの忘れが多い人が必ず認知症になるとは限りませんが、脳の認知機能が低下していることは確かです。

周囲の人が明らかにおかしいと感じたときには末期の末期

もの忘れレベルならば、「脳の毒を出す食事」で十分な効果が期待できます。しかし「年齢のせい」と放置していると、その症状はゆるやかに進行し、2030年後には認知症の末期の症状が出てくるのです。

現在の日本では介護が必要なほど認知機能が低下した段階でようやく認知症と診断され、介護サービスが受けられるようになります。自力で何とか生活できるレベルであれば、認知症の前段階の「軽度認知障害(MCI)」と診断されます。しかし実際に症状が出ているわけですから、私はMCIは認知症の末期だと考えています。家族や周囲の人が明らかにおかしいと感じたときには末期の末期だということです。

本原稿は、白澤卓二著『脳の毒を出す食事』からの抜粋です。この本では、認知症など脳の機能不全の原因となる、現代人の脳に溜まった”毒”を出して究極の健康体になる食事法の提案と、実生活で使える7日間実践レシピを掲載しています。脳と体を健康にし、本当の意味での健康長寿を目指してみませんか?(次回へ続く)

監修 お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二先生
1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大学院医学研究科博士課程修了。現在、お茶の水健康長寿クリニック院長。

白澤卓二(しらさわ・たくじ)
医師、医学博士
1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大学院医学研究科博士課程修了。東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て、2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。2017年よりお茶の水健康長寿クリニック院長、2020年より千葉大学予防医学講座客員教授就任。日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCEOも務める。
専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。