今回のケースでは、経営者に相続が発生し後継者が事業を承継したタイミングで会社経営が傾くことは予想できたかもしれません。その状況が分かっていながら、何も考えずに遺産分割をさせてしまったことが悔やまれます。

 母は、今回の相続で預貯金と生命保険金を取得していますが、配偶者控除により相続税負担はありませんでした。しかしながら、連帯保証債務に関しては、1億円を相続することになりました。

 つまり、会社が銀行に返済できなくなったとき、銀行は母に1億円の返済を請求できるということ。そうなると、相続した約4000万円(預貯金+生命保険金)は全てなくなります。もちろん、その際には母がもともと保有していた個人財産も全て返済に充てなければなりません。それでも足りない場合は、最後は個人破産を選択する結末となってしまいます。

 Bさん自身も、多くの財産(会社貸付金+自社株)を相続することになりましたが、会社経営が傾けばこれは全く価値のないものになってしまいます。会社の体力がなければ会社に貸し付けた個人財産は回収できないことを意味しますし、自社株の価値もゼロに近づいていきます。ゆえに、Bさんに関しても最終的には、会社も個人も破産となる可能性が高いといえます。

 そして、今回の相続で最もつらい思いをしたのは長女です。もし、会社の状況が急激に悪化すると分かっていれば、彼女は50万円の「はんこ代」を相続したでしょうか。つまり、正式な「相続放棄」をしていれば、連帯保証債務を相続せずに済んでにもかかわらず、50万円の「はんこ代」を相続したが故に多額の債務を負担することになってしまったのです。

 長女は、個人破産することになれば、大手商社に勤務している夫の出世に影響するかもしれないと考え、銀行と交渉して夫の給料で分割返済することを選択しました。長男であるBさんは結婚していませんでしたが、長女の場合は1人の問題ではなく、その家族にまで影響を及ぼすことになってしまったのです。