◎大好評! シリーズ10万部突破!!
ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

貯金箱 階段
Photo: Adobe Stock

お金持ちの方程式とは?

今回は「お金持ちの方程式」を紹介します。

この方程式で、資産形成のすべてが説明できてしまうという優れものです。

また、この方程式を自分自身のお金の流れに当てはめることで、以下のことが見えてきます。

●自分が目指したいゴールは何なのか?
●そのコールに向けて何をすべきなのか?

さて、「お金持ちの方程式」とは、以下のとおりです。

資産形成 = 収入 - 支出 + (資産×利回り)

お金を増やすために必要なことは、この式ですべて説明できます。

まずは「収入」という山からお金が流れてきて、「資産」という池にたまります。

この「資産」という池から、「支出」という川にお金が流れていくイメージです。

この方程式からもわかるように、お金を増やす方法は次の3つしかありません。

1.収入を増やす
2.支出を減らす
3.利回りを増やす

もし、収入の軸が給料だけであれば、「収入=給料」となります。

また、投資をしていなければ、「資産=銀行預金+財布に入っているお金の総額」となります。

普通預金の金利が0.001%の現在、銀行に100万円を1年間預けていても、得られる金利は、たった10円です。

そのため、収入を給料だけに頼り、投資もしていない一般的な会社員の資産形成は、次のような式で表されます。

一般的な会社員の資産形成 = 毎月の給料 - 毎月の支出 + 貯金

この場合、資産を増やしたいと思ったら、給料を増やすか、節約をして支出を減らすかの2つしか方法はありません。