コロナ感染者が増える中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

メール
Photo: Adobe Stock

質問
 有料版のGoogle Workspaceにすると、メールアドレスって変わるんですか?

 プライベートのGmailと仕事用のGmailを使い分けて、2つのアカウントを持ってます。

 仕事用を、有料サービスにしてセキュリティを高めたいのですが、何がどう変わるんですか?

 メールアドレスも変わるって聞いたんですけど、本当ですか?

回答
 メールアドレスは「独自ドメイン」を使うので、@以下が変わります

 有料版 Google Workspace(旧G Suite:ジースイート)に切り替えると、電話とメールによる24時間365日のサポートGmailの99.9% の稼働率保証、Microsoft Outlookとの相互運用、2段階認証プロセスなどの高度なセキュリティ機能とユーザー アカウントの詳細な管理機能などが追加され、セキュリティとサポートが大幅に向上するのでオススメです。

 なにより、ご質問の通り、メールアドレスに「独自ドメイン」が使えるようになるため、取引先や顧客に対し、信頼感を与えることができます。

 一般的に個人が使うメールアドレスは、Yahoo!やSo-net、OCNなどのプロバイダ(インターネットサービス接続事業者)などが提供する無料のものを利用しているケースが多く、@以下はプロバイダのドメインとなっています。例えばAppleの場合は「example@icloud.com」です。

 一方、会社などの所属組織から付与される個人のメールアドレスは、@以下は、組織のドメインになっていることがほとんどです。

 普段は特に問題なく使えますが、プロバイダを変えたり、会社を退職すれば、当然そのメールアドレスは使えなくなってしまいます。

 そもそもドメインとはインターネット上の住所のようなもの。自分宛てのメールを、きちんと届けてもらうために必要になります。独自ドメインを購入すると、その住所を自分が希望する文字列を入れたオリジナルに変更できるわけです。同じ文字列のドメインは存在しないため、世界でたった一つのあなた専用の住所です。

 Googleアカウントでは、メールアドレスがそのまま「ユーザー名」として使用されます。

 無料版のサービスは、すべて@以下が「gmail.com」というメールアドレス(たとえば、example@gmail.com)になります。

 一方、ビジネス向け有料アカウントは、@以下をご自身で取得した独自ドメインに設定して使います(example@example.co.jpやexample@example.netなど)。

 もしあなたがまだ独自ドメインを取得していない場合は、Google Domainsで購入しましょう。ドメインはいろいろな種類があり、年額1050円から選択できます。また、Google Workspaceでの設定が、圧倒的にカンタンで楽になるため、超オススメです。

 すでに、example@example.co.jpというメールアドレスを使っている方は、Google Workspaceを導入する際に、メールの届く先を設定変更するだけで、そのまま利用を継続できます。

 また、GmailアカウントとGoogle Workspaceアカウントは、所有者が同じ人であっても、まったく別々のものとして、アカウントを新規作成することになります。そのため、これまでGmailで使っていたメールやデータは、新しいGoogle Workspace アカウントには紐付いていません。

 この次のステップをどうするか?次回、解説していきます。

 使っているけど案外知らないGoogleのあれやこれや。

 このリモートワーク時代、「知っていれば得」ではなく、もはや「知らないと大損」です!

 Google ツールで10Xする方法に興味があれば、ぜひ拙著『Google式10Xリモート仕事術』で、そのヒントを見つけてみませんか?(セミナー案内はこちら