「加湿器の手入れや、タンク内の水の交換を適切に行わないと、菌やカビを含んだ水を室内に噴霧することになります。その汚れた蒸気を吸い込むことで、呼吸器系の疾患を引き起こすのです」

 そう説明するのは、呼吸器内科やアレルギー科も擁するごとう内科クリニックの院長・後藤浩之氏だ。後藤氏は、加湿器の手入れ不足が原因で発症するリスクが高い病気として、二つの病名を挙げる。

「一つが『レジオネラ肺炎』です。これは、加湿器のタンク内や回路内の水中で『レジオネラ菌』という菌が繁殖することで、水蒸気にも雑菌が含まれ、その水蒸気を吸い込んで発症する肺炎のこと。タンクの水を毎日交換しなかったり、定期的に加湿器の清掃をしていなかったりすると、レジオネラ菌が増えやすい環境を作ってしまいます」(後藤氏)

 レジオネラ菌は元々土壌や水辺に生息する細菌。自然界に生息する量は肺炎を引き起こすほどはないが、人工環境で増殖しすぎると人体に悪影響を及ぼすという。

「もう一つが、『過敏性肺炎』です。過敏性肺炎は、カビに対するアレルギー反応として肺炎の症状が表れます。加湿器のフィルター部分などにカビが発生することにより、そのフィルターを通して噴霧される水蒸気にもカビが混ざってしまうのです。カビを含んだ蒸気を吸い込むことで、カビのアレルギー反応が表れます」(後藤氏)

新型コロナを疑われて
診断に時間がかかることも

 加湿器は水蒸気を広範囲に噴霧し、人体が吸い込みやすい環境を作る機械だ。きちんと掃除をせず、カビや雑菌で汚染された蒸気をまき散らせば、肺にダメージを与える凶器となってしまう。

 レジオネラ肺炎も過敏性肺炎も「肺炎」の一種なので、主な症状は共通する。発熱、せき、たんなどだ。