筋力トレーニングの目的は人それぞれだ。競技や試合でのパフォーマンス向上のためにやっている人もいるし、ボディビルやボディメークで理想の筋肉をつけるためにやっている人もいるだろう。また、健康や美容のコンディションを維持・改善するためにやっている人も多い。

 ただ、どんな目的で始めたにせよ、「1000回」「150キロ」などの数字に囚われ出すと、だんだん「1000回やること」「150キロ上げること」が目的になっていってしまう。そして、「その人本来の目的」がいつの間にか忘れ去られていってしまうのだ。

 しかも、「何回やる」「何キロ上げる」というところにフォーカスを当てていると、多くの人は回数やキロ数を稼ぐためにフォームを崩し、自分にとってラクなフォームでトレーニングを行なうようになっていく。これが非常に問題なのだ。

 あるとき、ベンチプレスのバーベルを胸までストンと速く下ろしてしまうスポーツ選手がいたので理由を訊くと、彼は「ゆっくり下ろすと30回上げられないので」と言った。

 まさにこれが典型的な間違いである。筋トレの基本はゆっくり上げて、ゆっくり下ろすことだ。上げるときも下ろすときもゆっくり行なうことで、筋肉に大きな負荷がかけられるからである。

 どんなにたくさんの回数をこなそうとも、ラクなフォームでやっていてはほとんど意味がない。

 たとえば、「腹筋1000回」。1000回もやろうという人は、ちょこちょこと頭が上下するような「負荷の軽いやり方」をしていることが多い。私は「ちょこちょこ腹筋」と呼んでいるのだが、そんなラクなフォームでやっていては、たとえ1000回やったとしてもたいしたトレーニング効果は得られない。むしろ1000回をこなすためのラクなフォームでやっているように見える。

「30回以上できるトレーニング」は
時間の無駄

 そもそも筋トレでは、「30回以上できるトレーニング」は、それ以上やっても負荷として成立しないとされている。30回できるようになったら負荷を上げなくてはならず、同じ軽い負荷のまま50回、100回、200回と回数を重ねてもあまり意味がないのだ。

 だから、「それまで15回しかできなかった人が30回できるようになった」と言うのなら、それなりの負荷があったということなので価値があるが、「すでに30回、50回、100回をクリアしている人が200回、500回、1000回できるようになった」としても意味がない。

 考えてもみてほしい。もしも1000回できるならば、おそらく最初の100回くらいはラクすぎてトレーニングになっていないはずだ。たくさんの回数をこなすためにがんばってきた人には悪いが、負荷の軽いラクなフォームで多くの回数を行なうのは、ほとんど時間を無駄に消費しているだけのようなものなのである。