しかし、やみくもにトレーニングをしていると、伸び悩むどころか、パフォーマンスが低下してしまうこともあるので注意が必要だ。ボディビルが悪いのではないが、目的が違うということである。

 そもそも、野球選手は、単に筋肉を太くすればよい結果を残せるようになるというものではない。もちろん筋肉を太くすることも大切だが、それよりも大切なのは筋肉の連動性を高めることだ。ピッチャーであれば、下肢で生み出した力を体幹を経由して上肢に伝えていき、その伝わってきた力をもとにしてムチのように腕をしならせて投げる。そうやって下から上へといくつもの筋肉を連動させることによって、より速い球、勢いのある球を投げることができるわけだ。

 だが、やみくもに筋トレをしていると、この筋肉の連動性が落ちてしまいがちなのである。投球で力をうまく連動させるには、「脱力している筋肉」と「力の入っている筋肉」とをうまくかみ合わせていかなくてはならない。

 ところが、やみくもにトレーニングをして筋肉を太くしてしまうと、どの筋肉も「ずっと力を入れっぱなし」の状態になり、「力み」のクセがついてしまうようになる。そして、肩の筋肉や腕の筋肉など特定の筋肉に頼って投げてしまいがちになるのだ。

 すると、球にうまく力が伝わらず、スピードや勢いが落ちてしまうことになる。しかも、球のスピードや勢いが落ちると、打たれまいとしていっそう力んで腕に力を込めて投げるようになる。そうすると、さらに連動性が落ちて「力まかせの打たれやすいピッチングをするピッチャー」になっていってしまうのだ。

 このように、後先考えずにつけた筋肉がかえって自身のパフォーマンスの邪魔になることは少なくない。ピッチャーでもバッターでも、こういったパターンで伸び悩んでいるプロ野球選手はけっこう多い。スポーツの場面で、特定の筋肉「だけ」を使うことなどあり得ない。パフォーマンス向上には筋肉の連動性が不可欠なのだ。もちろん野球に限らず他のスポーツ競技にも言えることである。

 回数やキロ数の罠にハマって筋肉をやみくもに鍛えていると、プロのアスリートでも自身のパフォーマンスを落とすような事態を招きかねない。パフォーマンス向上を目的に始めた筋トレが自身にとってマイナスに働いて、成果を上げられないどころか、逆に目的から遠ざかるという「ざんねんな結果」につながっていくことも少なくないのである。