動乱の少額短期保険#予告Photo:jayk7/gettyimages

大手生命保険会社が相次いで参入するなど、空前の盛り上がりを見せている少額短期保険市場。「家財」「ペット」「生保・医療」「費用・その他」の四つの保険分野に、登録業者115社がひしめき、年間収入保険料も計1200億円を超えた。だがその一方で、相次いで登録業者が行政処分を受けるなど、コンプライアンス問題も露呈している。特集『動乱の少額短期保険 115社ランキング』では、清濁併せのんで成長を続ける少額短期市場の今を、8月29日(月)から全10回にわたり、ランキング形式で切り取る。(ダイヤモンド編集部 片田江康男)

#1 8月29日(月)配信
少額短期「保険料」総合ランキング2022【115社】光通信が買収攻勢でSBI・全管協・東京海上の“御三家”に肉薄!

動乱の少額短期保険#1Photo:Eskay Lim/EyeEm/gettyimages

 少額短期保険市場の“御三家”といえば、SBI、全管協、東京海上の3グループ。だが、そこへ光通信が買収攻勢で肉薄していることが分かった。少額短期保険業者として登録している全115社の2021年度決算を基にした、最新版「保険料」総合ランキングをお届けする。

>>記事はこちら

#2 8月30日(火)配信
少額短期「家財保険」ランキング!損保王者・東京海上vs老舗・全管協の一騎討ちの行方は?

動乱の少額短期保険#2Photo:PIXTA

 少額短期保険の中で、最も手堅いといわれる分野が「家財」だ。トップ争いを演じているのは、東京海上グループと全管協グループ。2020年度、両社の収入保険料の差は約48億円だったが、果たして2021年度、その差はどうなったのか。

>>記事はこちら

#3 8月31日(水)配信
「ペット保険」ランキング【損保&少短】アニコム&アイペットの独壇場!競争激化で中小は瀬戸際

動乱の少額短期保険#3Photo:Image Source/gettyimages

 市場伸び率が最も高く、新規参入や新商品投入が相次いでいるペット保険市場。少額短期保険業者が、アニコム損害保険とアイペット損害保険という2強に戦いを挑んでいる。有望市場の最新序列を明らかにする。

>>記事はこちら

#4 9月1日(木)配信
少額短期「生命・医療」保険ランキング!光通信系がトップ3へ、DMM系も急進で下克上の兆し

動乱の少額短期保険#4Photo:PIXTA

 保険の典型で、最もなじみのある分野が「生命・医療」。この分野でランキングを駆け上がっているのは、意外にも伝統的な保険会社傘下の少短ではなく、光通信とDMM傘下の業者だ。大手を食う下克上の兆しも見え始めた最新ランキングをお届けする。

>>記事はこちら

#5 9月2日(金)配信
少額短期「費用・その他」保険ランキング!第一スマートとジャストインケースがコロナ保険で“ごっつぁん入賞”

動乱の少額短期保険#5Photo:PIXTA

 スマホ保険や旅行キャンセル保険など、最も“少短らしい”分野が「費用・その他」。ここで上位に浮上したのが、コロナ保険で話題をさらった第一スマートとジャストインケースだった。ただし、コロナ感染症の爆発的流行という異常事態に保険料収入が押し上げられた面が強く、実力以上の“ごっつぁん入賞”ともいえる。

>>記事はこちら

#6〜10 順次配信予定

Key Visual:SHIKI DESIGN OFFICE, Kanako Onda

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。