理科系の天才
=左利きの法則?

 ただし、理科系の天才に限っていえば、「左利きが多い」といわれています。アインシュタインが左利きだったかどうかは判然としませんが、「理科系の天才=左利き」という人さえいます。

 通常、右利きの人は98%以上が左半球の脳に言語機能があります。一方で、左利きの人の場合、70%が左半球の脳に言語機能があり、15%が右半球、残り15%は左右の半球に言語機能をもっているとされています。

言語機能の所在の違いが、特殊な能力を生む?

 なぜ、左利きの人の言語機能がそうなるかはわかっていません。左利きは右半球にも言語機能を有するため、直感や抽象的思考を言語などの具体的方法で表現するのに有利であるかもしれません。抽象的思考、直感は、もともと右脳に宿るものだからです。

 つまり、右利きの人は言語機能を左半球に集中させているが、左利きの人の場合、左半球と右半球との分化が進まず、それが理科系の能力を高めているというのです。ただし、この考えに科学的なはっきりとした根拠はなく、あくまで推測にしかすぎません。

 こうみてくると、天才と脳の関係はまだ何もわかっていないのが実情です。天才は遺伝によるという説もあるし、環境的な要因が天才をこの世に送り出すともいわれています。天才を知るのは天才しかいないのかもしれません。