英語とは縁遠い新潟の片田舎で生まれ育ち、勉強はからっきし苦手。とくに英語は、be動詞も理解していなかった。それでも大学を受験。偏差値38の学部を2つ受験するも、どちらも不合格……。それがいまやネイティブや帰国子女に間違われるほど英語を操り、YouTubeでさまざまな国籍の人々にインタビューしまくっている。いったい、どうやって英語力を身につけたのか? 初の著書『バカでも英語がペラペラ! 超★勉強法 「偏差値38」からの英会話上達メソッド』で、超効率的な勉強法を初公開! 本書より一部を抜粋・編集し、夢を叶えたとっておきのコツを全部教えます!

【英会話のコツ】<br />「日本人の英語」に根本的に足りないこと・ワースト1

②準備する力
ability to prepare

【前回】からの続き ボクは大学生の頃、アルバイトをして貯金をし、夏休みになると英会話強化の機会を得ることを目的に、バックパックを背負って海外旅行をしていました。宿泊代の安いホステル(本書61ページ参照)で寝泊まりしていたのですが、そこで初対面のゲストと話をするとき、事前に英会話のテンプレート(ひな形)を用意して、それをくり返し試していました。

当時使っていた英会話のテンプレート(ひな形)の例

How long have you been in this country?(この国にどのくらいいるの?)
What's your plan after this?(このあとの予定は?)
Do you know any good places to visit around here?(ここらへんでオススメのスポットある?)
Let's go to grab some lunch together.(一緒にお昼ご飯を食べようよ)

また、英会話力をつけるため、マッチングアプリを利用して知り合った外国人と会うときも、事前に相手のSNSを検索して、どんなことに興味があるのかをチェック。「なにを話そうかな(What should I talk about?)」と質問を準備していたのです。

ボクのYouTubeチャンネルを見ると、ぶっつけ本番で街角インタビューをしているように思うかもしれませんが、実際は事前に質問を用意して、念入りに下準備をしています。たとえば、導入部分で緊張をやわらげるために聞くのは、次のような基本的なことです。

Where are you from?(出身は?)
What are you up to today?(今日の予定は?)
What do you do as a career?(仕事はなにしてるの?)

※あとはインタビューのトピックに沿った質問を用意

マスコミの取材者や優秀なセールスパーソンも、会う相手のことを事前に調べるそうですが、それと同様にいくら英語が話せても「準備する力」なくして会話を盛り上げることはむずかしいと思います。【次回に続く】

※本稿は、『バカでも英語がペラペラ! 超★勉強法 「偏差値38」からの英会話上達メソッド』より一部を抜粋・編集したものです。